コスメレポート

クレアスのビタミンドロップはピュアビタミンC配合。変色する?保管方法は?ピリピリすることも?

グリセリンフリーのスキンケアが増えてるので、少しずつ使用感を記録。

クレアスのフレッシュリジューシドビタミンドロップについて。

基本情報

Klaris(クレアス)とは

『Klaris(クレアス)』は、2010年にソウルで誕生した韓国のスキンケアメーカー『ウィッシュトレンド(Wishtrend)』が手掛ける敏感肌用のスキンケアブランド。

「Simple, but enough(シンプルだけど十分)」というコピーの通り、お肌に効果的な成分だけを最小限に、皮膚科専門の化粧品研究所で開発されている。天然由来原料を使用しており、動物や環境にも配慮されたVegan&Eco Friendlyで、ブランドイメージも非常に良い印象。

海外製のスキンケアは抵抗があったものの使ってみると、

  • 海外製品独特の香料が少ない
  • 肌にスッと馴染むアイテムが多い
  • 大きく肌荒れすることがない
  • パッケージがおしゃれ
  • 2千円台のアイテムが多くてお手頃
  • グリセリンフリーアイテムもある

ということもあり、いくつか使っている。

フレッシュリジューシドビタミンドロップとは

ピュアビタミンCを安定化させた低刺激ビタミンセラム。古い角質、くすんだ肌トーン、目立った毛穴まで、お肌の悩みを解消するアイテム。

全成分

全成分はこちら(英語)

Water, Propylen Glycol, Ascorbic Acid(5%), Hydroxyethylcellulose, Centella Asiatica Extract, Citrus Junos Fruit Extract, Illicium Verum(Anise) Fruit Extract, Citrus Paradisi(Grapefruit) Fruit Extract, Nelumbium Speciosum Flower Extract, Paeonia Suffruticosa Root Extract, Scutellaria Baicalensis Root Extract, Polysorbate 60, Brassica Oleracea Italica (Broccoli) Extract, Chaenomeles Sinensis Fruit Extract, Orange Oil Brazil, Sodium Acrylate/Sodium Acryloyldimethyl Taurate Copolymer, Disodium EDTA, Lavandula Angustifolia (Lavender) Oil, Camellia Sinensis Callus Culture Extract, Larix Europaea Wood Extract, Chrysanthellum Indicum Extract, Rheum Palmatum Root Extract, Asarum Sieboldi Root Extract, Quercus Mongolia Leaf Extract, Persicaria Hydropiper Extract, Corydalis Turtschaninovii Root Extract, Coptis Chinensis Root Extract, Magnolia Obovata Bark Extract, Lysine HCL, Proline, Sodium Ascorbyl Phosphate, Acetyl Methionine, Theanine, Lecithin, Acetyl Glutamine,SH-Olgopeptide-1, SH-Olgopeptide-2, SH-Polypeptide-1, SH-Polypeptide-9, SH-Polypeptide-11, Bacillus/Soybean/Folic Acid Ferment Extract, Sodium Hyaluronate, Caprylyl Glycol, Butylene Glycol, 1,2-Hexanediol

  • エタノールフリー、シリコンオイルフリー、人工着色フリー、人工無香料
  • アスコルビン酸(活性型ビタミンC)5%配合
  • 果物、野菜、花など、植物由来の原料が沢山記載されている

ビタミンCとビタミンC誘導体の違いは何?

IMO

ビタミンC誘導体って何?ビタミンCとは違うの?

 知ったかぶり

ビタミンC誘導体はビタミンCになる前の成分。どちらも、光老化からの保護や色素沈着やくすみの改善による美白作用を持っているみたい。

IMO

ビタミンC誘導体の化粧品をよく見るけど同じ効果なのに何故使われているんだろう?

 知ったかぶり

ビタミンCは不安定な成分なので空気に触れるだけで酸化し、酸化すると効果がないどころか肌に悪い作用をもたらす可能性があって、化粧品として扱いづらい成分。でも、ビタミンC誘導体は酸化に対して強く安定していることからよく使われているよ。

IMO

じゃあ全部ビタミンC誘導体にしたら良いんじゃないの?

 知ったかぶり

ビタミンCの方がビタミンC濃度が高いので、クレアスは独自の技術を使ってビタミンC(アスコルビン酸)を安定させてビタミンドロップに使っているみたい。

使い方

化粧水を使用後、3〜4滴を顔全体にそっと広げる。完全に吸収させる為に、軽く叩く。

ビタミンCの効果なども解説した動画はこちら

使ってみた感想

劣化するので保管方法に注意が必要

最初に購入したきっかけは韓国で買い物中に友人におすすめされたことから。

ともだち

ビタミンドロップとビタミンEマスクの組み合わせで毛穴が少しマシになったよー!

これは試さねばと勢いで購入したので保管方法に気を配らなかった。しばらくすると無色透明の液体が黄色くなっていて、

IMO

あれ?おしゃれなデザインだったのにこんなに映えなかったかな?

となった笑

クレアスが独自の技術で変色スピードを抑えるよう開発しているのに、私が使うとこの有り様。

完全に黄色くなったら使用をやめた方が良いとのこと。日差しが当たらない涼しい場所に保管し、開封後は冷蔵庫保管がおすすめ。

肌がピリピリしたりじんわり温かくなることも

グリセリンフリー生活を始めて少し使ったけど、効果を感じる前に劣化して破棄してしまった笑。でも、ネットでは使っている間は肌の調子がとても良いというクチコミで一時バズっていた。

ピリピリしたりじんわりしたりと刺激を感じる人が多く、一時的であればビタミンCが浸透している最中だからこそらしい。効果があるからこそ刺激はあるので、肌が弱い人は注意しながら試してみると良いかなと思う。