サバイバル番組感想

【日プ1・日プS1】デビューメンバーの順位変動は?JO1は実は奇跡的なグループだった!【プデュ振り返り】

PRODUCE 101 JAPAN SEASON1を振り返り視聴したところ、最終話で何とか圏内に入るメンバーもいたり、JO1は奇跡が詰まった11名なんだなぁと改めて思った。

今回はデビューした11名の順位変動や活躍などをまとめて、いかに奇跡的だったのか振り返ってみた。

メンバーごとの順位変動や活躍など

1位 豆原 一成

レベル分けテストA→A
活躍やベネフィット・ポジションバトル勝利グループ
・グループバトルグループ内1位練習生
順位変動3位→1位→1位→2位→4位→4位→1位→2位→1位

岡山の実家でインタビューされたり最初から割と運営に推されていた豆ちゃん。レベル分けもAクラスで実力もあるし安定してずっと上位だったけど、1〜3回の順位発表式では全て1位を逃していたので、最後の最後で1位になってセンターを獲るのはドラマティックだなと思った。マンネがキラキラしたグループは未来が明るい!

2位 川尻 蓮

レベル分けテストA→A
活躍やベネフィット・ポジションバトル勝利グループ
・グループバトル総合評価1位グループ
・テーマ曲センター
・ファイナル評価センター
順位変動1位→2位→2位→1位→2位→2位→2位→1位→2位

最後は2位だったものの総合的に見るとテーマ曲センターも務め、1位2位を行き来するのみの変動で圧倒的な安定感だった。常に120点のコメントで人間性に感心しきり。蓮君でガッカリすることはないという安心感もあり推し甲斐がありそう。グループにいれば間違いなく屋台骨がしっかりする、それくらい存在感がでかい。

3位 川西 拓実

レベル分けテストB→A
活躍やベネフィット・ポジションバトル勝利グループ
・グループバトルグループ内1位練習生
・グループバトル総合評価1位グループ
・グループバトル総合評価1位練習生
・ファイナル評価センター
順位変動2位→3位→3位→3位→1位→1位→12位→5位→3位

未経験ながら類稀なる天性のセンスでAクラス、物語の主人公のようだった。1位の後に12位になった時もあり、投票を油断すると簡単に圏外になることもある。1位を獲るタイミング次第ではデビューできていないかもしれないと思うとプデュって恐ろしい。

4位 大平 祥生

レベル分けテストC→B
活躍やベネフィット・ポジションバトル勝利グループ
順位変動15位→9位→8位→7位→9位→11位→13位→9位→4位

コンセプト評価でDOMINO組に外れたのがかえって良かったと思う。号泣して泣き崩れる姿は応援したくなったし、それまでは蓮君の側にいる印象が少しあったけど、DOMINOを離れて新たな可愛い系のコンセプトを3日で習得する頑張り屋の姿を見ることができた。そして最終順位4位に爆上げ笑

5位 鶴房 汐恩

レベル分けテストC→A
活躍やベネフィット・初登場で1位の席に着席
順位変動7位→5位→5位→5位→3位→3位→3位→3位→5位

レベル分けでは態度を注意され、ポジションバトルのグループ分けでは豆ちゃんに選んでもらえず、実はベネフィットにも恵まれることなく、それでもベネフィットなしであれば順位1位の時もあるくらい人気は安定していた。努力!友情!目指すぜ1位!みたいな雰囲気が、時々ジャンプの主人公に見えた笑。唯一無二の愛すべきキャラ。

6位 白岩 瑠姫

レベル分けテストC→B
活躍やベネフィット・ポジションバトル勝利グループ
順位変動22位→20位→19位→16位→16位→13位→4位→4位→6位

こんなにイケメンなのにポジションバトルは1組に選ばれず2組にいたり(しかも元ジャニーズ所属なのにHey! Say! JUMPの曲で選ばれなかった)、最初は埋もれている印象だったけど、回を重ねるごとにキラキラと存在感を増し、コンセプトバトルでの現場投票数はダントツ1位。きっちり最後には上位に入り、セルフブランディングにも励んでいてプロを感じる。

7位 佐藤 景瑚

レベル分けテストA→A
活躍やベネフィット・ポジションバトル曲1位練習生
・コンセプトバトル1位グループ
順位変動25位→19位→17位→12位→14位→16位→17位→13位→7位

おしゃれ顔に長身マッチョ、ダンス上手なAクラスでステージ映え抜群、普段着はハイブランドを着こなしモデルのようで、刺さる人には刺さりまくる。しかしあと一歩惜しい感じで圏内に入らないな…と思ったら、最終順位で初めてランクイン。イケてる男の子は少し様子見しちゃうんだけど、DOMINO外されて悔しそうな姿を見ると、内面が見えて応援したくなる人が増えた気もする。

8位 木全 翔也

レベル分けテストA→A
活躍やベネフィット・ポジションバトル勝利グループ
・グループバトルグループ内1位練習生
・コンセプトバトル1位グループ
順位変動19位→23位→22位→22位→17位→14位→9位→8位→8位

ファンダムがみるみる大きくなった練習生。逆に何故こんなに人気なの?と思う人も。(失礼ながら私もライト視聴者だったこともあり変わった人だなぁと思うくらいであまり印象がなかった笑)見返すとロイヤルAクラスだし、バトルも全てベネフィット獲ってるし、知れば知るほどキャラが沼だし、国プはよく見ているなぁと感心した。

9位 河野 純喜

レベル分けテストB→B
活躍やベネフィット・ポジションバトル勝利グループ
順位変動16位→17位→18位→15位→10位→9位→11位→11位→9位

こうやって順位変動を見るとJO1のメインボーカルである河野君も危なかったんだなぁ。人生を決める就職活動を終えてしまった。日プ1は生歌感が異様に強いサバ番なので、思い切りの良いボーカルがとても生きていた。あとは顔面も良いし、何よりめちゃくちゃ自然体な話し方が好感度高い。

10位 金城 碧海

レベル分けテストB→F
活躍やベネフィット・ポジションバトル勝利グループ
・グループバトルグループ内1位練習生
順位変動66位→85位→38位→33位→26位→25位→24位→14位→10位

未経験でFクラス出身、しかも一時85位の位置から最終順位で初めてデビュー圏内!シンデレラボーイ!着実に順位を上げていたとはいえデビュー圏内に入ったことは個人的には驚いた。コンセプト評価でようやく大正解を叩き出した塩顔イケ散らかしのビジュアルを見せてくれた影響もあると思うけど、最初のレベル分けの中里空君のステージング指導のおかげで早めに見つかったのも大きい。

11位 與那城 奨

レベル分けテストB→B
活躍やベネフィット・ポジションバトル勝利グループ
・ポジションバトル曲1位練習生
・グループバトルグループ内1位練習生
順位変動23位→24位→24位→26位→19位→17位→8位→10位→11位

麗しのお兄さん感が強かったこともあり、アイドルとしてデビューするイメージを想像してなかったけど、今となってはお兄さんランクインしてくれてありがとう!の気持ち。ステージでは歌の存在感で圧倒的に惹きつけられ、毎度着実に爪痕を残していたので投票に繋がっていたように思う。

JO1は奇跡的なグループだった

改めて見返すと、最終順位で初めて佐藤景瑚君や金城君がランクインしていたり、金城君に至ってはFクラスからのデビュー、川西君と河野君と金城君は歌もダンスも未経験だったり、選ばれた11名は奇跡のメンバーなんだと思った。

IMO

今後も11名の活躍を見守りたい。