暮らし

女性は抵抗ある?内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)を鎮静剤ありで受けた体験談

消化器系は調子が悪くても市販薬で済ませたり、特に女性は大腸内視鏡検査に抵抗がある方も多いと思う。

どなたかの参考になるように、30代女の内視鏡検査レポートを置いておく。

受診までの道のり

超面倒臭がりだけど重い腰を上げた理由

胃腸は時々悪くなる事もあったけど少し経つと良くなるので、胃カメラは面倒だし何だか怖くて受けてこなかった。

ある日、急に発汗、食欲が湧かず、飲み物も受け付けないくらいお腹が苦しくなった。最初はインフルエンザを疑ったけど汗の割に熱はなく、数日経っても食欲が湧かなかったので胃腸の問題だと思った。

半月経過しても食欲がなく10年以上ぶりに5kg痩せてしまったので、内視鏡検査を受けることに。

当時33歳IMO

歳のせいか治りにくい?

病院選び

病院選びの条件として重視したのが、超怖がりなので「痛くない胃カメラ」をアピールしている病院。「寝ている間に終わった」というクチコミを頼りに選んだ。

選んだ病院は経験豊富で丁寧な先生だったことは満足だけど、「なるべく近場」という条件を付け加えておけば良かったと少し後悔。

というのも、胃カメラだけと思っていたら、初診→胃カメラ・ピロリ菌検査→胃カメラの生検結果・ピロリ菌結果→ピロリ菌除菌確認→大腸カメラ、途中で経過受診もあり、1時間の距離を何度も通院したので少し負担だった。

鎮静剤ありでの胃カメラ

人生初めての胃カメラということもあり少し緊張はあったものの、食事制限は健康診断と変わらないので気負いせずに病院へ。

看護師さんの「鎮静剤入りますねー」という言葉と共に意識消失。目を覚ますと「ここはどこ?」と不思議な感じ。90分寝ていた。

寝ている間に終わったのでレポートする程でもないけど、今後も気軽に受診できそうなくらい楽だった。

目が覚めてすぐ検査結果の話。

消化器内科医

十二指腸潰瘍を何度も繰り返した痕跡がありますね。

劇的に何か良くなるわけではないけど、私の胃腸って綺麗な色なんだなと謎の安心感を得た。

鎮静剤ありでの大腸カメラ

大腸カメラもお願いした

胃カメラが思いのほか楽だったので、面倒な事はまとめてしまおうと大腸カメラもお願いすることに。

自己判断のIBS(過敏性腸症候群)便秘型・ガス型・たまに下痢型、腹鳴に人生の半分以上悩まされており、そのうち大腸カメラも受けねばとは思っていた。

看護師さんから検査前の準備の説明を受けて、腸を空っぽにするので胃カメラより少し準備が大変だと感じた。

私の通う病院では検査当日、①朝から病院で下剤を飲み、病院のトイレを往復するか②朝に自宅で下剤を飲み、昼に病院へ向かうか選べた。

病院は落ち着くトイレなのか…自宅からだと下剤を飲んで電車に乗れるか…と悩んだ末に、看護師さんから下剤でお腹痛くはならなかったという体験談を聞き、②の自宅で下剤を飲むことに決めた。

前日準備(私の病院の場合)

前日の食事3食は専用の検査食で済ます。思いの外まずくはないw

いくつかから選べたけど、胃腸も不調なのでカレーやハンバーグをあまり食べる気がせず、一番優しそうな検査食にした。本当に弱くて悲しい。

夜にヨーデルという小林○薬のネーミングを彷彿とさせる錠剤の便秘治療剤を飲み、マグコールという粉末の下剤をコップ一杯に溶かして飲んだ。濃いポカリスエットの様な味で、

余裕IMO

全然大丈夫じゃーん!

と余裕だったけど、夜間はトイレの往復であまり寝れなかった。

当日準備(私の病院の場合)

そして当日朝、やってきました下剤ムーベン2ℓ地獄!

友人に送ったLINEは、

死にかけIMO

死ぬわ

ともだち

やばい?

死ぬIMO

夜通しピーピーだったのに、不味い下剤12杯を前に挫折しそう

ともだち

12杯!!鬼!!

死IMO

やっと3杯目…病院行けるかしら…

味はうすーい梅味みたいな味。水をガブガブ飲める方なので鼻つまんだら大丈夫だろうと最初は思っていたけど何故か飲み進まない。飲みやすくなるよう工夫もした。

  • 冷やす
  • ストローを使う
  • 飴を舐める
  • 病院が飲みやすくなる液体をつけてくれていたので試す

気休めにもならなかったw

3時間かけて飲み、何か途中で訳が分からない気持ちになり、最後の2杯はちょっと吐き気と震えを感じる中、ここで実感する。

干しIMO

病院はなるべく近場が良いーーー!

(下剤辛ければ本当は病院と相談が良いので無理するのを真似しないように。私はここまで来たらやらねばと半ば意地。)

お腹少しぐるぐるする上、気分も悪いままバス10分+電車30分+徒歩10分の病院に向かった。気持ちは杖をつきながら。

ちなみに赤ちゃんのお尻拭きがあると良いと聞き用意してたけど、2,30回トイレに行ったので序盤でお尻の穴は死んだ。

いざ、大腸カメラ

無事病院に到着し、全部飲めたか、便は透明になっているかと確認されヨボヨボになりながら返事。(病院によっては看護師さんが直接透明かどうか確認するみたい。汚くて申し訳ないけど完全な無色でなくても大丈夫だった。)

お尻に穴の開いた不織布のパンツを履き待機w

(ちなみに先生少しイケオジなんだけど、イケオジにお尻見られるのかぁと思ったりそれどころではなかったり。)

検査はもちろん鎮静剤ありでお願いしたので、胃カメラと同じく目が覚めたら終わっていた。検査自体は超楽!

このお医者さんにお尻見られたんだなぁと思いつつ検査結果を聞き、

消化器内科医

ポリープ2つ取りましたが、大きな異常はないですね。

異常がないということはIBSだと、取り敢えず自己判断から医者診断になりIBS便秘型の薬を処方してもらった。

内視鏡検査をした感想

  • 個人的には病院は痛くないと評判で近場が良いなと思った。(鎮静剤を使うデメリットもあると思うのであくまで個人的に)
  • 鎮静剤が効くと眠っている間に終わるので検査のハードルは下がった。
  • 大腸カメラは検査より下剤を飲むのが少しトラウマになったw

こんなに体調悪いんだからとんでもなく真っ黒(?)な消化器なんじゃ…と思っていたけど、意外と綺麗だし笑、自分の体の中を写真で見ることが無かったので経験としてもやって良かった。

特に女性は躊躇すると思うけど、ヨイショ!とイベントだと思って検査受けてみてほしい。