お買い物レポート

2021年のホワイトデーは毎年恒例だけどシルスマリアを購入した

今年はバレンタインチョコを頂いたのでホワイトデー用のチョコを用意することに。

高いチョコを買いたいけど5粒で3000円かぁと思ってしまったり、1000円くらいであまり美味しくないチョコにひっかかったこともあるので、毎年程よい価格帯のシルスマリアの生チョコに落ち着く。

今年購入したシルスマリアのチョコレートをレポート。

シルスマリアについて

1982年神奈川県平塚市に洋菓子店を創業。1988年に日本式生チョコレートを初めて作った生チョコ発祥のお店なんだとか。

私が知ったのはごく最近なんだけど、毎年バレンタイン売り場を見ると新商品(といっても翌年にはない事が多いので期間限定に近いかも)を何かしら一つは自分用に買ってしまう。

2007年に放送されたドラマ「ハケンの品格」が少し前に再放送されていて、その際に「シルスマリオ」というチョコレートの企業が出てくるんだけど、シルスマリアがモデルなので「お!」となった。

シルスマリアとの衝撃の出会い

シルスマリアとの出会いは2018年。父親と職場の人へのチョコはお酒入りのものにしようと百貨店のバレンタイン催事場で探していたところ見つけた。

当時販売されていた「醸し人九平次」の美味しさにお酒入りチョコの概念が覆される程に衝撃を受けた。この時全種類味見をしたけど、九平次だけ別格に美味しかったので自分用も含めて3個購入した。

2019年までの販売だった九平次。無くなったことが本当に残念で、これまでの商品の中でも一番惜しまれていると思う。今年も九平次の亡霊になっている方をTwitterで結構見かけた笑

醸造元は名古屋の萬乗醸造という企業なんだよね。本当にめちゃくちゃ美味しかったとお伝えしたい。

IMO

いつか復活しないかなぁ。

これまで購入したシルスマリアのチョコ

ほとんど箱は捨ててしまったけど、これまで購入したもの。

お酒好きの方には、「竹鶴ピュアモルト」「一刻者」「国士無双」あたりをこれまであげたかな。お酒しっかりめが良いという方には「竹鶴ピュアモルト」がオススメ。

お酒入りは酒造メーカーからの仕入れなので、毎年商品が入れ替わる。気になるものは逃さないようにしたい。

お酒入りである必要がない方向けには、「スノーベリー」、「オランジェ」、アールグレイやチーズが入ったものなどいくつか味見をしたけど、辻利コラボの「宇治抹茶生チョコレート」の抹茶が濃くて感動したので昨年の2020年はそれに決めた。(今年はないのかな?)「公園通りの石畳「NO.0」」も美味しかった。カカオニブの食感が面白い。

今年のホワイトデーに購入したチョコ

選ぶ時間がなかったこともあり、渡す用には定番の「シルスミルク」を購入した。もうちょっとひねった味を選べば良かったかなぁ。

そして、自分+家族用にはホワイトチョコが良かったので、購入したことがない五一わいんの「ナイアガラスパークリングワイン」を使用した生チョコを買ってみた。

木箱か木箱風の厚紙を使ったパッケージのものをこれまで購入していたので、個人的には目新しい。

透明のPET素材をスライドするとこんなデザイン。

冷蔵庫から出して15分後が食べ頃。

チョコと思って食べたらびっくりするかも。結構甘めなんだけど酸味も感じる。酸味多めのレアチーズケーキのようなチョコだった。

お酒入りが苦手な方でも食べやすいと思う。

IMO

美味しい!!でも、お酒好きなので「竹鶴ピュアモルト」くらいお酒感強めも好き笑

後からTwitterで検索したら他のチョコも美味しそうだなぁと思った。私は小さいショップで買ってしまったので種類は少なかったけど、今年は例年より種類が多いのかな?この「ちえびじん」の日本酒生チョコが美味しそう。

シルスマリアはこんな人におすすめ

お酒好きの男性にバレンタインで贈る場合は「竹鶴ピュアモルト」やその年の日本酒・焼酎のお酒が入っている茶色いチョコレートがおすすめ。ホワイトチョコレートはフルーティーなお酒が多いので、それはそれで食べやすさはある。

甘いものを食べるイメージがない方「シルスビター」「公園通りの石畳「NO.0」」がおすすめ。

生チョコ好きの女性は多いので、ホワイトデーにもおすすめ。「スノーベリー」「オランジェ」紅茶系など渡す方のイメージに合うものを選ぶと良いかも。

女性に贈る場合は割とチョコレートのブランドをしっかり見てると思うけど(デルレイやピエールマルコリーニとかそりゃ食べたい)、そのあたりより少し価格抑え気味だとしてもシルスマリアは貰うと嬉しい。

IMO

ただ、要冷蔵なので注意が必要

来年は日本酒×ホワイトチョコを買おうかなぁ。(まだ「九平次」の幻影を追いかけているのかもしれない…)

↓通販だと、3種アソートもあったよ。